トップ読み物カンタン!彩りレシピ漬け込み後の梅もおいしく楽しむ♪カンタン梅ジャムレシピ

カンタン!彩りレシピ

2019.06.10改稿

漬け込み後の梅もおいしく楽しむ♪
カンタン梅ジャムレシピ

梅ジャムと梅の画像

今まさに旬を迎えている梅は「三毒を断つ」と言われることもあるように、
体を整える手助けをしてくれる食品です。

様々な方法でおいしく頂ける梅ですが、初めてさんでも挑戦しやすいのはやっぱり、
「梅酒」や「梅シロップ」等のドリンクレシピ。
これらの梅ドリンク、一定の期間漬け込んだら梅の実は取り出す、とされているレシピが多くありますが、
取り出した梅、皆さんどうなさっていますか?
食べ方がわからないから、もったいないけど処分しようかな…と考えているそこのあなた!
漬け込んだ梅の実は、ひと手間加えるだけでおいしい「ジャム」に変身しますよ♪

今回のコラムは漬け込みに使った梅を活用する「梅ジャム」レシピと、その上手な保存方法をご紹介します。

梅ジャムのカンタンレシピ

梅ジャムの画像

<材料>
梅酒/梅シロップの漬け込みに使用した梅・・・500g/水・・・250ml/上白糖・・・250g/レモン汁・・・大さじ2

  • <作り方>
  • 1. 梅酒/梅シロップから取り出した梅を圧力鍋に入れ、上白糖、水を入れよく混ぜ、フタをして中火で熱し、圧力表示器が第2リングまで上がったら、弱火にして10分間加圧する。

  • 2. 圧力表示器が下がったらフタを開ける。梅の種を外して、お好みのなめらかさになるまでつぶし(フードプロセッサーにかけてもOK)、5分程度煮詰める(好みの濃度によって加減してください)。レモン汁を加えてよく混ぜる。

  • ※梅酒の梅を使う場合は、出来上がりのジャムにアルコール分が残る場合があります。車の運転をする方、及びお子さま、妊婦の方や授乳中の方はご注意ください。

梅のフルーティな香りにワクワクする梅ジャム。パンやヨーグルトに合わせてももちろんおいしいですが、お肉料理のソースとしても。
旬の味覚を長く楽しめる、手作り梅ジャム、ぜひいろいろなメニューに組み合わせて楽しんでみてくださいね。

梅ジャムの保存に便利なアイテム

タッパーの画像

美味しく出来た梅ジャム。
冷蔵庫でしっかり保存しておけば、朝食の時やお料理の時、必要な際にすぐ楽しむことができます。そんな時に便利なのがクリアメイトS#1です。クリアメイトは密封力の高さが魅力のため、作りたての梅ジャムの風味をしっかりと密封して、冷蔵保存ができます。

さらにクリアメイトS#1は、縦7.6×横7.6×高さ3.5cm 85mlとコンパクトサイズ。目安としては卵白2個分が入る容量。作り過ぎた梅ジャムを複数のクリアメイトS#1に小分けすることで、使いたい分だけを保存して冷蔵庫にスタンバイできます。

使用製品はこちら

梅ジャムの場合、他の果物系ジャムと比べて、比較的長い期間の保存ができますが、手作りなのでなるべく早く食べきりたいものです。
上手に保存容器を使って、美味しく梅ジャムを楽しみましょう。