• タッパーウェアブランズ フェイスブック
  • タッパーウェアブランズ インスタグラム
 

Tupperware Brands読み物暮らしのヒント親子遠足ママの服装と便利グッズ、しっかり準備で安心!

暮らしのヒント

2017.05.19

親子遠足ママの服装と便利グッズ、しっかり準備で安心!

子どもと一緒に参加できる親子遠足は、園でのお友達との様子を見られる貴重な機会。お弁当作りに持ち物チェックと、お母さんは準備に大忙しです。こちらでは当日の服装と、あると便利な持ち物をご紹介。しっかり準備して親子遠足を楽しく過ごしましょう!

親子遠足、服装はどんなものがよい?

親子遠足の服装は、どんなものがよいのでしょうか。園からは「動きやすい服装で」とだけ言われることが多いのですが、それでは選択肢が多すぎますよね。ここでは親子遠足に適した服装をご紹介します。

基本はパンツスタイル

立ったりしゃがんだりの動作が大変多いため、ストレッチ素材のパンツがおすすめ。長い丈のスカートは立ち座りは楽ですが、裾が汚れるのが気になって思いっきり楽しめません。動きやすいパンツがなければ、膝丈スカートにレギンスを合わせても◎。

トップスは温度調整できるものを

暑いぐらいの気候でも、汗をかいて身体が冷えたり、バスの空調が強かったりなど、羽織モノがあれば……というシチュエーションは多いもの。日差しが強くなった時にも着たくなります。さっとはおれるカーディガンやパーカーを用意しておきましょう。すぐに着られる前開きのものがおすすめです。

動きやすく、履きなれた靴

経験者の話を聞くと、親子遠足は「思ったより長い距離を歩く」と考えておけば正解のよう。スニーカー系の履きなれた靴は必須です。パンプスやレーシーな飾りが付いた靴は避けましょう。

意外に忘れがち、日焼け対策の小物

親子遠足は持っていくものが多いので、つい忘れがちですが日焼け対策の小物も重要なアイテム。つばの広い帽子やアームカバーなどの小物は、前の日からカバンに入れておくか、玄関に置いておくと忘れ物防止になります。

あると便利! 持ち物リストに入れたいアイテム

持っていると便利なものの準備は、後回しにしがちです。バタバタ準備でやっぱり忘れた!とならないよう、あらかじめ持ち物リストを書き出しておきましょう。初めての親子遠足でも安心な、忘れがち&便利アイテムをご紹介します。

斜めがけのサブバッグ

子どもたちと遊ぶ時間には、リュックなどはその場に置いておくケースがほとんど。貴重品やティッシュなど小物が入るサブバッグを用意しておきます。子どもと手をつないだり、お世話しやすいように、両手が自由になる斜めがけタイプがあれば、普段の生活でも便利です。

ママに人気! スマホトート

スマホトートはトート型をした小型のバッグで、バッグのポケットに入れたままスマートフォンのタッチが可能な優れもの。取り外しできる斜めがけのベルトが付いたタイプがおすすめです。ハンカチやお財布など、最低限の小物も入るので、ちょっとしたお出かけはこれだけでOK。ぜひ1つは持っておきたい、ママたちに大人気のアイテムです。

子どもの着替え一式

子どもの着替えは園で用意されている場合が多いですが、数に限りがありますし、先生が近くにいなくてすぐに借りられない場合も。トイレに失敗したりはしゃぎ過ぎたりと、下着を含めた子どもの着替え一式は必要です。子どもがしょんぼりしちゃう前に、すばやく着替えさせてあとの時間を楽しませてあげたいですね。

小分けできるお菓子

親子遠足では、お友だち同士でおやつを交換する「おやつ交換会」なるものがあるケースも。小分けしてあるお菓子をしっかり用意して、わいわい楽しみましょう。バラエティパックのお菓子などがちょうどよいです。ゼリーやクッキーなど、暑い日でも溶けてしまわないものをチョイスしましょう。

長い移動時間も安心! 密封力の高いランチボックス

タッパーウェアのスリムランチボックスは、水もれ防止構造でしっかり密封、遠足などの持ち運びにも安心です。本体と仕切りは電子レンジでのあたためもOKなので、普段使いにも重宝します。爽やかなワサビグリーンと、かわいらしいグアバピンクの2色をご用意。ご飯とおかずの割合をお好きに変えられる、動かせる仕切り付きです。

遠足の必需品! 優れた保温・保冷効果のサーモ水筒

水もれ防止構造で優れた保温・保冷効果のあるサーモボトルは、親子遠足でも大活躍。茶葉をそのまま入れて使える便利なストレーナー付きです。

担任の先生とお話したり、他のママたちとの交流があったり、大変だけど得るものも多いのが親子遠足。ぜひこの記事を参考に、しっかり準備してみてください。忘れ物ゼロで、思いっきり親子遠足を楽しみましょう!