• タッパーウェアブランズ フェイスブック
  • タッパーウェアブランズ インスタグラム
 

Tupperware Brands読み物カンタン!彩りレシピこどもの日のプラス1品にも! カンタンそら豆レシピ

カンタン!彩りレシピ

2017.04.28

こどもの日のプラス1品にも! カンタンそら豆レシピ

4月から6月にかけて出回るそら豆は、ごはんやパスタに混ぜたり、副菜にしたりと使い勝手のよい食材です。今回は、そら豆のゆで方と、おいしいアレンジレシピをご紹介します。

鮮度が命 そら豆の選び方&茹で方

そら豆の選び方

そら豆はさやから出すと一気に鮮度が落ちるので、購入するときはなるべくさやに入ったものを。さやの緑色が濃くて、ハリとツヤがあるものが味がよく新鮮です。調理する直前にさやから出すようにしましょう。

そら豆の茹で方

<材料(そら豆1袋・400g)>
レインボークッカー プレミアム19cm片手鍋を使用しています。
そら豆…1袋

<レシピ>
1. そら豆をさやから出しておきます。この時に黒いスジの反対側に薄く切り込みを入れておくと、あとから実を取り出しやすくなります。
2. 水洗いしたそら豆と、大さじ3〜4杯の水をレインボークッカー プレミアムにいれます。
3. フタをして中火にかけます。
4. 蒸気が出たら弱火にして、3〜5分を目安に加熱します。
5. ザルにとって自然に冷まします。好みで塩を足してもOK。

そら豆の冷凍保存

そら豆の冷凍保存は水っぽくなりやすいので、生で冷凍するか、硬めに茹でて。解凍は自然解凍かレンジ加熱、再度お湯で茹でるなどの方法があります。

すぐできる1品! そら豆レシピ2選

メインに時間がかかるときや、もう1品欲しいときに重宝するそら豆のレシピ。加熱しないので、茹でそら豆があればあっという間に作れます。こどもの日や行楽弁当など、ごちそうの日のサブメニューに活躍しますよ。

そら豆とゆで卵のサラダ

そら豆の緑と卵の黄色の組み合わせが鮮やかな1品。

<材料(2〜3人分)>
そら豆(ゆで)…1袋分
ゆで卵…2個

そのほか、ツナや茹でじゃがいも、トマトなどのお好みの野菜

A
マヨネーズ…大さじ3
しょう油…小さじ1
お好みで塩・あらびきコショウ

<レシピ>
1. そら豆にしょう油をふって混ぜ、下味を付けます。
2. ゆで卵をフォークなどでつぶします。
3. (1)と(2)をまぜ、Aで和えてできあがり。
4. お好みの野菜やツナを入れても。その場合は適宜調味料を増量してください。

そら豆と塩昆布の和え物

ごま油の香りが食欲をそそる小鉢です。お酒のおつまみにも。

<材料(2〜3人分)>
そら豆(ゆで)…1袋分
塩昆布(細切り)…3つまみ
ごま油…大さじ1
塩…適量

<レシピ>
1. ボウルにそら豆・塩昆布・ごま油を入れて和えるだけ!
2. 味見して塩気が足りなければ、塩を少し入れて整えます。

少しの水分でしっかり調理 レインボークッカー プレミアム

美しいデザインでIH調理器にも使用できるレインボークッカー プレミアム。余分な水分の蒸発を防ぎ、そら豆やじゃがいもなどの野菜類はもちろん、パスタなどの麺類も普通の鍋よりぐっと少ない水分で茹でられます。19cm片手鍋は、野菜の煮物や魚の煮付け、ソース作りにも使いやすい浅めの形。そのほか用途に合わせてさまざまなサイズをご用意しています。

初夏の味のそら豆は、食感がポイントなので加熱し過ぎは禁物です。予熱が入っていくことも考慮して、少しかためぐらいでOK。マヨネーズやカレー粉など、子どもたちの好きな味付けにもよく合います。おいしい時期は今だけ!食卓の彩りにたくさん登場させてくださいね。