• タッパーウェアブランズ フェイスブック
  • タッパーウェアブランズ インスタグラム
 

トップ読み物タッパーウェアライフワンランクアップ!冷蔵庫収納の達人を目指して(前編)

タッパーウェアライフTupperware life

2017.04.10

ワンランクアップ!冷蔵庫収納の達人を目指して(前編)

冷蔵庫収納の「困った!」

・どこにしまったかわからない!2度買いが多い
・奥から消費期限切れの食品が出てくる
・庫内が汚れて掃除が大変!
・詰め込みすぎて効率よく冷えない

冷蔵庫に関する悩みもいろいろ。長期保存・調理時間短縮の強い味方になるはずの冷凍室も、使いこなせずに食材をムダにしてしまいがちです。冷蔵庫をもっと活用して、食費も時間もぐんと節約しましょう!


すっきり整理! 冷蔵庫収納

冷蔵庫が片付かない大きな原因は、高さが仕切られていて奥行きがあるわりに、こまごまとした収納品が多く、 奥になにがあるか把握が難しいところです。 結局使わないまま手前にどんどん新しいものを収納していくと、ますますムダが増えるばかり。 きちんとスペースを考えた収納方法で冷蔵庫整理をしませんか?

BEFORE

冷蔵庫

何があるかわからず、賞味期限切れに。 買ってきたままをそのまま入れるので、 見た目もごちゃごちゃ。 食品が取りづらく、開けている時間が長い。

冷凍室

開封した残りに霜がびっしり。冷凍やけを起こしている。

野菜室

葉物野菜をよく痛ませてしまう。野菜から出る水分やくずで汚れる。

  
  

AFTER



冷蔵室

長さのある食材をそのまま保存、冷蔵庫のお区域も有効活用!

トレイを活用すれば、奥の容器も取り出しやすい

野菜室

使い忘れ防止!使いかけの野菜は”まとめ保存”

ペント(通気孔)を調整して賢く保存

冷凍室

玉ねぎやキャベツは冷凍することで、調理時間の短縮に!

lettuce1


冷蔵室をすっきり整理!4つのコツ

1. 奥行きを活用すること
目線より高いところ、特に最上段は奥まで目の届かないもの。棚の奥のスペースまでしっかり活用するにはトレイや引き出しケースで棚の中身をそっくり手前に引き出せるような工夫が必要です。

2.「迷子」にならないように
チューブ入りの調味料、ジャムなどの小瓶などばらつきがちな小物は、庫内に引き出しケースを入れてまとめて収納すると便利。迷子も2度買いも防ぐことができます。

3. 縦スペースの有効利用
ラップしたお皿などをそのまましまっていませんか?密封容器に移し替えて収納すれば、ラップが不用になるだけでなく、容器を積み重ねることができるので、縦のスペースを活用できます。

4. 掃除を楽にする工夫を
お皿の中身がこぼれたり、袋物が液もれしたりで、冷蔵室の棚板はすぐに汚れてしまいがち。食材を容器に入れてしまっておけば、液もれも防げて気持ちよく使えます。庫内の清掃も、容器を取り出してさっと拭くだけ。

おいしく保存したい!

せっかくの食材、冷蔵庫に保存している間に味が落ちてしまってはがっかりです。おいしさを長持ちさせるなら、密封力の高い容器に入れて食材を保存しましょう。特に野菜は保存方法によって鮮度の違いが大きく出てしまいます。

密封保存 4つの利点

1. におい移りを防ぐ
庫内のにおいが吸着すると食材の味を損ねます。におい移りを防ぐために、密封力の高い容器を使えば安心。

2. 適度な水分を!
食材をおいしく保存するには、適度な水分が必要です。庫内の乾燥から食材を守るには、密封力の高さが決め手です。

3.「押しつぶれ」を防ぐ
深さのある野菜室では、下にある野菜が押しつぶされてしなびてしまうことも。適度な大きさの密封容器に種類別に分別保存しましょう。

4. 下ごしらえしながら保存
シールつきのボールを使えば、下味付けや乾物の戻し、貝の砂抜きなども、水はねやこぼす心配もなく、冷蔵中に済ませておけます。積み重ねられてスペースも有効活用できます。



水分コントロールを!

食材から出た水分が容器の底に溜まると、そこから食材が痛んでしまいます。水分を切る工夫を。すのこを使えば余分な水分を切りながら気持ちよく保存できます。

容器のシールについた水滴が野菜に触れると、傷みの原因になります。シールを閉める前に野菜の上に1枚ふきんやペーパータオルなどをかぶせておくと、野菜の持ちが違います。
※ふきん・ペーパータオルは適宜取り替えながらご使用ください。

使いかけの野菜、いちいちラップをして冷蔵室に入れていませんか?

まとめて密閉容器に入れ、冷蔵室に保管し早めに使い切りましょう。 ラップも使わずにすみ、手間も省けます。 調理前にまずこの容器を確認するようにすると、使い忘れも防げます。


   

「タッパーウェア」のシステム収納で冷蔵室もすっきり!

クリアメイト
冷蔵室専用ののシステム収納容器。別売りの専用トレイを使えば、出し入れが簡単で、冷蔵庫の奥まで活用できます。下ごしらえした食材や常備菜の保存に。

中身が一目でわかる透明な容器。

本体の底の突起がシールやトレイのレールにかみ合い、すべりにくい。

積み重ねて使う時にスペースを無駄にしないモジュール設計。

詳しくはこちら

使いこなしのヒント

たとえば、佃煮や梅干し、じゃこや、お味噌汁の具などを一まとめにして「朝食セット」。 薬味や付け合せなどを一まとめにして「素麺セット」etc… いつも一緒に使うものをトレイに一まとめにしておくと 使うときにさっと取り出せて便利。


ベントスマート
ベントスマートはシールに装着されたスライダーを左右に動かして通気孔を開閉することにより、容器内の空気の流通量を調節。それぞれの野菜や果物に最適な保存環境を作り出します。

冷蔵庫内のスペースを有効活用できる、うれしいシステム設計

ビルトインすのこ(波型の底面)が余分な水分を切ります。

詳しくはこちら

「タッパーウェア」ならではの密封力で食材のおいしさ長持ち!

MMダブル
お味噌の保存から乾物・野菜の保存。漬物やマリネづくりの容器としても大人気。用途に合わせてサイズもいろいろ。容量の大きなMMダブルは、ごろごろ野菜の保存にぴったり。使いかけの野菜のまとめ保存にも。水もれ防止構造で、高い密封力が自慢。MMワイド、MMダブルは専用すのこ付き。
詳しくはこちら

レタスキーパー&コアラー
芯をくりぬいて保存するレタス専用容器。上から1枚1枚はがせるので使うとき便利です。新鮮さ長持ち!
詳しくはこちら

MMボール/ハンディボール
用途に合わせてサイズが豊富。シールつきボールは積み重ねておけるので、調理中も作業台が広々、保存する時も便利です。 MMボールはすのこ付き。切った野菜を水分を切りながら保存、すぐに調理にかかれるので食事の準備がぐんとスピードアップ!

・水もれ防止構造
・豊富なサイズ展開

詳しくはこちら

使いこなしのヒント

シール付きで水もれ防止構造、タッパーウェアのボールなら、少量の調味料で肉や魚に下味がつけられます。かき混ぜる手間も、箸もいりません。材料とほんの少しの調味料をボールに入れてシールをし、ときどき逆さまに返して味がしみるのを待つだけ。そのまま冷蔵室にも入れられます。