• タッパーウェアブランズ フェイスブック
  • タッパーウェアブランズ インスタグラム
 

トップ読み物タッパーウェアライフ作って味わう楽しみ。梅の保存食作りに、はまる(前編)

タッパーウェアライフTupperware life

2017.03.29

作って味わう楽しみ。
梅の保存食作りに、はまる(前編)

「旬」に限らずいつでも手に入る果物が増えている中、梅は年に一度、初夏の「旬」の時期にしか手に入りません。
さわやかな青梅と香り豊かな黄梅。それぞれほんの少し手をかけるだけでおいしい保存食が作れます。
手作りなら、味加減もお好みに調節できますし、保存料なども使わず、安心。
旬の時期を逃さず、家族が食べる一年分を手作りしておきましょう。
手作りするとうれしくて、おすそ分けをしたくなるので、多めに作っておくといいですよ!

梅干しを作ろう!

自分で丹精込めて漬ける梅は、できあがりを味わう喜びはもちろん、作る過程も楽しいもの。青梅は梅酒や梅シロップに、熟した黄梅は梅干しにと、さまざまな保存食作りが楽しめます。
梅干しなら塩分を調節したり、昆布を入れてみたり、いろいろ工夫してわが家の味を再発見することもあるでしょう。
また、梅干しを漬けて得られる天然の梅酢や赤じそなど、副産物があるのも手作りならでは。一度漬けると、毎年漬けるようになる人が多いのもうなずけますね。

 

重しなしで作る梅干しなので作業が楽です

白梅酢が上がるまでは1日1回容器をゆっくり回し、塩をまんべんなく全体にまわすのがポイント

材料(マキシデコレーター 1個分)
黄梅(熟したもの)・・・2kg
塩・・・200〜300g(梅の10〜15%)
赤じそ・・・2束(正味200〜300g)
塩(赤じそ用)・・・20〜30g

詳しいレシピは「自家製梅干し」をご覧ください。

 

ここがポイント!

タッパーウェアなら、容器を回して塩をなじませ、浸透圧によって梅酢を引き出せるので重石が不要!
ふっくらとした梅干しができあがります。

バリエーション

途中でできる副産物、梅酢や赤じそもおいしく活用!

梅酢ピクルス漬け

梅干しを漬けて最初に上がるのが白梅酢。赤じそを加えてからのものが赤梅酢。これにお好みの野菜を漬ければ、梅風味のピクルスに。赤梅酢なら、ほんのりピンク色の仕上がり。

青じそふりかけ
梅と一緒に漬けた赤じそを乾燥させて粉末に。おにぎりをはじめ、即席漬けや和え物などに混ぜると、さっぱりとした味わい。




 

梅酒を作ってみよう!

手軽に自家製が作れる梅酒は食前酒に最適。暑気あたりや疲労回復にも効果があります。
ホワイトリカーの代わりにブランデーやウイスキー、みりんに漬けてもそれぞれ違った味わいが楽しめます。

果実酒の代表が梅酒。緑色が濃く、硬い青梅を使います。

材料
青梅 600g
氷砂糖 500g〜660g/焼酎 (ホワイトリカー)1L

作り方
1. 梅は1個ずつ流水の下でよく洗い、水気を切って竹串でへたを取る。
2. 清潔なふきんでよく水気をふく。
3. MMスクエア#2に梅と氷砂糖を交互に重ね入れ、焼酎を注ぐ。
4. シールをして冷暗所におく。
5. 約3ヶ月で飲めるようになるが、一年たつとぐんとまろやかになる。
梅は半年〜1年で取り出す。梅酒と取り出した梅は別々に保存。

※お酒はウィスキーやブランデーを使っても。
※アルコールが苦手な人は、焼酎をそのまま酢に変えることで、梅サワーにすることができます。

 

 

あれもこれも作っておきたい、梅の保存食簡単レシピ

青梅のとれる季節にぜひつくっておきたい、梅を使った保存食をご紹介します。
はじめの年は、少しずついろいろなものを作ってみて、お気に入りの味が見つかったら、翌年は分量を増やしてまとめて作ってみましょう。

●梅サワー
・材料
青梅 ・・・1kg / 氷砂糖・・・ 500〜1kg / 米酢・・・ 900ml
・作り方
青梅と氷砂糖を交互に入れ、米酢を注いで冷暗所で保存。約3ヶ月ででき上がり。
※甘さはお好みで加減して。
※梅酒は1年以上熟成させたほうが、味に深みが増しておいしい。
※水や炭酸水で割ってドリンクに。ドレッシングや煮物に調味料として利用しても。

 

●梅シロップ
・材料
青梅・・・ 1kg / 砂糖・・・ 1kg
・作り方
切り込みを入れた青梅と砂糖を交互に入れて冷暗所で保存。1日1回容器を振り、砂糖が溶けて梅が小さくしぼんだらでき上がり。
酢(50〜100ml)を加えれば、砂糖が溶けやすく発酵しにくい。薄めてジュースやゼリー、シャーベットに。
※保存は冷蔵庫で。

 

●梅しょうゆ
・材料
青小梅 ・・・500g / 薄口しょうゆ・・・適量
・作り方
青小梅を容器に入れ、かぶる位の量のしょうゆを注ぎ、冷暗所で保存。1週間から10日間ででき上がるので、その後は梅としょうゆを分けて保存すると、梅も美味しく味わえる。

 

●梅みそ
・材料
青梅・・・1kg / みそ・・・1kg / 砂糖・・・500g
・作り方
みそと砂糖を合わせたものに切り込みを入れた青梅を入れ冷暗所で保存。みそがゆるくなったらでき上がり。和え物やサラダにぴったりの爽やかな味わい。

 

●梅グラッセ
梅酒や梅サワーができ上がったら、漬けていた梅を取り出し、鍋に入れ2〜3分ほど茹で、湯を捨てます。
もう一度梅がかくれるくらいの水と砂糖(梅の重さの約半量)を入れて弱火の約40分煮詰めます。
冷めたら煮汁ごとタッパーウェアに入れてよく冷やしていただきます(冷凍保存も可)。

 

梅の量の目安

容器 梅酒 梅シロップ 梅干し
マキシクイーンデコレーター 3kg 4kg 4kg
ジャイアント 2kg 3kg 4kg
マキシデコレーター 1.5kg 2kg 2kg

※梅の大きさや材料の配合によって、梅の量は変わります。