• タッパーウェアブランズ フェイスブック
  • タッパーウェアブランズ インスタグラム
 

Tupperware Brands読み物カンタン!お役立ちレシピ「七草粥」のレシピ 今年1年の無病息災を願おう

カンタン!お役立ちレシピRecipe

2017.01.06

「七草粥」のレシピ 今年1年の無病息災を願おう

1月7日に無病息災を祈っていただく七草粥。スーパーなどで七草の使い切りパックが出回るようになって、手軽に作れるようになりましたね。柔らかいおかゆに野の草を入れた七草粥は、お正月のごちそうで疲れた胃にぴったり。温かな滋味がじんわりと体に染み渡っていきます。

七草粥を食べるのはなぜ?

季節の節目ごとの行事を節句といい、特に江戸時代に幕府が定めた5つの公式行事を「五節句」と呼びます。桃の節句(3月3日)や端午の節句(5月5日)は現代人のわれわれにも身近ですね。1月7日も「五節句」のひとつで、厄払いと1年の無病息災を祈る「人日の節句」です。

中国ではこの日に7種類の野菜を入れた「あつもの(スープ状の煮物)」を食べる習慣があり、宮中行事の「若菜摘み」と融合し「七草粥」として定着しました。この日の朝に七草を食べると、1年病気にかからず寿命が延びるとされています。

七草粥に用いる春の七草は「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな(かぶ)、すずしろ(大根)」。少し苦味やアクがあるものがありますが、野趣あふれる風味を堪能するのも七草粥ならではの楽しみです。

レンジでお手軽! 七草粥のレシピ

白飯を使うので、食べたいときにカンタンに作れる七草粥のレシピです。パック売りをしている七草を使用すればさらに楽ちん。朝ごはんに朝粥を食べたい!というときにも重宝します。

<材料(1人分)>
白飯…150g
だし汁…200ml
七草…お好みで
(すずな、すずしろ、せりなど。かぶや大根などでも)
紅麹塩…少々

<使用製品>
クリスタルウェーブネクスト・丸型S800

<作り方>
1. すずな(かぶ)やすずしろ(大根)の根の部分を2mm幅の薄切りにし、葉の部分は細かく刻みます。
2. クリスタルウェーブネクスト・丸型S800に白飯、(1)、だし汁、紅麹塩を入れて軽く混ぜ合わせシールをします。
3. エアキャップを開けて、電子レンジ(600w)で3分30秒〜4分間加熱する。
4. 一度取り出して良く混ぜ、シールをしてしばらくおく。
※お召し上がりになる際にお好みで紅麹塩を加えてください。

電子レンジクッキングから冷凍・冷蔵保存までこれ1つ

クリスタルウェーブネクストの耐熱温度は、本体が−20℃〜140℃、シール(フタ)は−20℃〜100℃なので、冷凍・冷蔵保存から電子レンジの温め直しまでこれひとつでOK。(1)下ごしらえ、(2)電子レンジで加熱、(3)調味料に漬け込んだり和えたり、のカンタン3ステップ調理で、“あと一品”が手軽に作れます。残ったらシールをして保存もOK。電子レンジを使うときは、エアキャップをオープン! シールをしたまま温められます。
丸型は水もれ防止構造なので、アウトドアやお弁当容器としても重宝します。

七草粥は無病息災を祈る祈祷(きとう)の意味合いがありますが、あながち迷信とは言い切れません。ごちそうやお酒で疲れた胃腸をいたわり、体を温めてくれ、冬に不足しがちな葉野菜の栄養を補う意味でも、理にかなった行事食なのです。七草粥をスタートに季節の行事食をさまざまに取り入れ、健やかな1年にしましょう!