• タッパーウェアブランズ フェイスブック
  • タッパーウェアブランズ インスタグラム
 

Tupperware Brands読み物保存食・作り置きのススメ旬のゆずで作ろう! ゆずジャムのレシピ&ゆず茶

保存食・作り置きのススメ

2016.11.28

旬のゆずで作ろう! ゆずジャムのレシピ&ゆず茶

ゆずの旬は1年に2回あり、7、8月に収穫する青い実(青玉)は皮の部分を使い、10〜12月の黄色く熟した黄ゆずは、爽やかな香りと果汁を楽しみます。旬の黄ゆずは香り高く、薬味として使用することが多いのですが、ジャムにしても美味。今回は旬の黄ゆずと使ったゆずジャムレシピをご紹介します。細かく刻むのはちょっと大変ですが、保存がきくので一度にたくさん作ってしまいましょう。

砂糖とゆずだけ! ゆずジャムレシピ

砂糖の種類は上白糖(最も一般的な白い砂糖)でもグラニュー糖でも構いません。グラニュー糖で作ると、上白糖より甘みがあっさり仕上がります。逆に甘いほうが好きな方は上白糖を使うとよいでしょう。1カ月以上冷蔵保存したい場合は、ゆずの重さの70%以上の砂糖を入れるようにします。冷凍では1年程度もちます。

<材料>
ゆず…10個(およそ1kg〜1.3kg※)
砂糖、またはグラニュー糖…ゆずの重量の50〜90%
※ゆずの重さは皮・果肉・果汁を合わせた、まるごと1個の重さです

<作り方>
1. ゆずは皮も使うのでよく表面を洗い、傷んでいるところは包丁で削り取ります。
2. 横半分に切り、果汁をしぼります。このとき、きれいなタネは取って置きます(あとでとろみづけに使います)。
3. 外皮と薄皮(内皮)を指で剥ぎ取って分けます。
4. 外皮は2mm程度の千切りにし、長さを2〜3cm程度に切ります。薄皮はざく切りにします。
5. 鍋に外皮とひたひたの水を入れ、火にかけます。沸騰したら3分ゆでて、お湯を捨てます。これを合計3回行います(苦味を取るため)。
6. (5)の鍋を洗って、外皮・薄皮・果汁・タネ・砂糖を入れて中火にかけます。
7. 沸騰したら弱火にします。アクをとりながら煮詰めていきましょう。
8. ツヤ・とろみが出てきたらジャムテスト(<ジャムテスト>を参照)して、適当なところで火を止めます。タネを取り出し、熱いうちに保存容器に移して完成です。

<ジャムテスト>
ジャムの固さをテストします。
コップかボウルに水を入れ、ジャムを一滴垂らします。ジャムが水の中ですぐに散ってしまう場合は加熱不足。もう少し煮詰めましょう。水の中で散らずに沈んでいくようなら完成です。

<ポイント>
ゆずの外皮と内皮の間にある、白いふわふわしたものをワタといいます。ジャムづくりでは、ワタは取っても取らなくてもOKです。ワタ付きだと苦くなる等の心配はありません。
また、タネはとろみをつけるために必要です。お茶パックに入れておくと、ジャムから取り除く手間が省けて便利です。

たくさん作っても大丈夫 ゆずジャム活用レシピ

ゆずジャムは、パンにつけるだけでなく使いみちがたくさん! 簡単ゆずジャム活レシピをご紹介します。

ゆず湯

ゆずジャムをお湯でとくだけの簡単レシピ。ふんわり立ち上るゆずの香りと、優しい甘さがほっとします。小さじ1のジャムに対し、お湯200ccが目安です。

ゆずスカッシュ

湯上がりのドリンクとしておすすめなのが、ゆずスカッシュ。ジャムは冷たい水では溶けにくいので、コップに3cm程度の炭酸水とジャムをよく混ぜ、それから残りの炭酸水を注ぐのがコツです。

ゆずパウンドケーキ

いつものパウンドケーキのレシピにゆずジャムを加えるだけ。チョコレートとゆずはとても相性がよいので、チョコパウンドケーキが特におすすめです。

ゆず照り焼きソース

照り焼きの合わせ調味料を作る際、みりん・砂糖の代わりにゆずジャムを使います。鶏肉やブリを漬け込んで焼けば、ふんわり薫るゆず照り焼きの完成です。

冷蔵庫のシステム収納に! 多彩なサイズのクリアメイト

クリアメイトは、水もニオイももらさない、冷蔵室用の保存容器。本体の底に付いた突起が、シールのスクエアガイドやトレイのレールと噛み合って安定し、積み重ねたときも滑る心配がありません。
薬味など少量の食材保存に便利な小分けサイズのクリアメイトS #1から、味噌1kgが入る大容量のクリアメイトL #2まで、用途・容量に合わせた6サイズが揃っています。保存量の目安は、200gのジャムならクリアメイトS #2がオススメです。

ゆずはビタミンCをはじめ、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸、カリウム、カルシウムなどのミネラル類も豊富(文部科学省 食品成分データベースを参照)。12月の冬至にゆず湯に入れば、1年風邪をひかないといわれていますが、ゆずの栄養素を見るとあながち迷信でもないかもしれません。今年の冬は薬味だけでなく、ジャムにお風呂にと、ゆずをたくさん活用して風邪知らずのカラダを目指しましょう!