• タッパーウェアブランズ フェイスブック
  • タッパーウェアブランズ インスタグラム
 

Tupperware Brands読み物暮らしのヒント収穫の秋だからこそ新米を徹底的に楽しもう!

暮らしのヒント

2016.09.09

収穫の秋だからこそ新米を徹底的に楽しもう!

ふっくらと湯気をたてる白いごはん……美味しいお米はそれだけでごちそう! 「新米」のラベルが貼られたお米が出回りはじめる秋になると、ちょっぴり嬉しくなる方も多いはず。今回は新米の定義、品種ごとの特徴、圧力鍋での炊飯など、お米が大好きな方に知っていただきたい情報をご紹介します。

新米とは?

「新米」といわれるのは、いつのお米のことでしょうか?

「新米」の定義はJAS法(農林物資の規格化等に関する法律)で明確に定められています。これによると「収穫年の年末までに包装された精米に限る」、つまり、秋ごろから収穫が始まったお米のうち、その年の12月31日までに精米・包装されたお米のことを指します。

また、料理に「新米を使いました」などと書かれている場合は、「収穫してから1年以内」のお米を指すことが一般的です。1年以上経過すると古米、2年以上で古古米、3年以上で古古古米…と1年ごとに「古」がプラスされていきます。

「新米」は美しい白さがあり、水分量が多く、ふっくら炊き上がるのが特徴。同じ銘柄でも、古米より新米のほうが香り高く、粘りもあります。ぜひ「白ご飯」として素のままの美味しさを楽しんでいただきたいです。

どれがお好み? お米の品種と特徴

全国で最も栽培されているお米の品種は「コシヒカリ」、次いで「ひとめぼれ」、「ヒノヒカリ」「あきたこまち」で、「コシヒカリ」が全体の約4割弱を占めています。

※出典:平成27年産水稲うるち米の品種別作付動向(速報)米穀安定供給確保支援機構

ここでは栽培高上位4位のお米の特徴をご紹介します。お米の好みはひとそれぞれ。自分好みのお米はどれかチェックしてみてください。

・コシヒカリ

最も出回っているコシヒカリは、うまみと粘りが強いのが特徴。香りや柔らかさも平均的な日本人の好みに合う、バランスのよいお米です。うまみが強いので、お米の味に負けない濃い味のおかずが合います。

・ひとめぼれ

コシヒカリを親にもつひとめぼれは、コシヒカリと同じくバランスのよいお米です。コシヒカリとくらべると、うまみと粘りはソフトで、粒が大きく柔らかく、和食全般と好相性。柔らかいので、酢飯など水分を含ませる料理にはあまり向きません。

・ヒノヒカリ

関東以北ではあまり知られていませんが、九州地方ではとてもポピュラーなお米。コシヒカリと黄金晴(こがねばれ)を合わせた品種です。小粒ですが食べごたえがあり、主張しすぎない味わいなので、どんなおかずともよく合います。

・あきたこまち

コシヒカリを親に持ち、濃いうまみを引き継ぎながら、粘りはほどほど。あっさりしているのでたくさん食べられる品種といえます。和食全般に合いますがコシはほどほどなので、おにぎりや丼ものに特にもぴったりです。

圧力鍋で美味しく! キホンの炊飯レシピ

圧力鍋炊飯の最大のメリットは炊き上がりまでの時間の短さ。加圧3分、蒸らし5分で自然なうまみのあるツヤツヤのご飯がいただけます。

<材料> 4〜5人分
米…3合(540ml)
水…3合(540ml)
レインボークッカー 圧力鍋4.5L(すのこ付)を使用しています。

<作り方>
1. 米は洗って水気をきり、圧力鍋に入れて分量の水を注ぎ、フタを閉めて中火にかける。
2. 圧力表示器が第2リングまで上がったら弱火にして3分間加圧し、火を止めて自然冷却する。
3. フタを開けて鍋底から混ぜてほぐし、フタをのせて(スライドインジケーターは「open」の状態)4〜5分間蒸らす。

※白米を圧力鍋で炊くと、灰色がかることがあります。これは圧力鍋の特徴で、高圧と高温によって米のデンプン質が急速に糊化(こか)するため。味や成分には問題ありません。

ワンポイントアドバイス
白飯のモチモチ感を抑えたい場合は、第1リングで長めに炊きます。火にかけて第1リングまであがったら、15分加圧して自然冷却します。

炊飯時間は通常の約半分 圧力鍋で炊く玄米ご飯

玄米を炊飯器で炊くと、浸水は最低2時間、「玄米モード」で約2時間、合計で4時間はかかります。でも、圧力鍋なら浸水要らずで加圧は20分。短時間でふっくらと炊き上がります。圧力鍋を使えば、毎日の食事を玄米ご飯にすることも可能です。

<材料>4〜6人分
玄米…3合(540ml)
水…660ml
レインボークッカー 圧力鍋4.5L(すのこ付)を使用しています。

1. 玄米は洗って水気をきり、圧力鍋に入れて分量の水を注ぎ、フタを閉めて中火にかける。
2. 圧力表示器が第2リングまで上がったら弱火にして20分間加圧し、火を止めて自然冷却する。
3. フタを開けて鍋底から混ぜてほぐし、フタをのせて(スライドインジケーターは「open」の状態)4〜5分間蒸らす。

ワンポイントアドバイス
玄米を研ぐときは、表面に傷をつけるつもりでもみ洗いをします。そうすることで、水分が入りやすくなり、食感が柔らかくなります。壊れない程度の力加減でしっかりとぎましょう。

時短調理に、本格煮込み料理に!

圧力鍋は高圧高温で調理するため、硬い食材も短時間で柔らかくなり、光熱費の節約にもなります。加熱時間が短いため、栄養素の損失が少ないのもメリットです。「レインボークッカー 圧力鍋」は安全・安心、便利、美しさの3拍子そろった本格派圧力鍋。圧力鍋ビギナーからベテランまで、幅広い層にオススメできます。

計量カップ要らずでお米を計測!

お米10kgが保存可能で、1合単位で計量できる「スマートライスディスペンサー」。操作は簡単で、1合(180ml)単位から計測可能です。さらに分解して丸洗いでき、中身が見える小窓付きなのも嬉しいポイント。スリムボディなので、収納と収納の合間やシンク下にすっきり収まります。

実りの秋・食欲の秋! しかも新米も登場する秋。夏バテも収まって食欲も戻ってくる季節ですから、体力回復とばかりにたくさん食べてしまいましょう。この季節に最も美味しい旬の野菜や魚と組み合わせて、圧力鍋で炊き上げる新米を楽しんでくださいね。