• タッパーウェアブランズ フェイスブック
  • タッパーウェアブランズ インスタグラム
 

Tupperware Brands読み物カンタン!彩りレシピオーブン不要! フライパンorレンジで作るローストビーフレシピ

カンタン!彩りレシピ

2016.08.29

オーブン不要! フライパンorレンジで作るローストビーフレシピ

食卓がパッと華やぐローストビーフは、ホームパーティーやお祝いの食事会にぴったり。最近ではおせち料理のひとつとして出されることもありますね。今回はフライパンやレンジで作る簡単ローストビーフレシピをご紹介。ほんのり内側に赤みが残る、美味しいローストビーフにチャレンジしてみましょう!

赤身肉のローストビーフは豪華なのにヘルシー!

牛肉もも赤肉を使用するローストビーフは、そのがっつりした見た目にも関わらず意外とヘルシー。牛肉もも赤肉(和牛)は100gで193kcal、ほぼ6枚切りの食パン1枚や梅おにぎり1個に相当します。ちなみにサーロイン(和牛)は100gあたり498kcal、リブロースは573kcalあり(※)、牛肉もも赤肉が牛肉の中でもとてもヘルシーであることが分かりますね。

(※ 出典元:文部科学省 食品成分データベース)

また、牛赤身肉を食べるとダイエット時に不足しがちな脂溶性ビタミンやミネラル(鉄や亜鉛など)、良質なたんぱく質を摂取できます。さらにL-カルニチンが豊富なことも見逃せないポイント。L-カルニチンは主に肉類に含まれるアミノ酸の一種で、脂肪の燃焼を助け、疲労感を和らげます。牛赤身肉は健康的なダイエットを目指す方、仕事や趣味で運動量の多い方に、ぜひ食べていただきたい食材です。

フライパンで! 和風味ローストビーフ

和テイストでさっぱり食べやすいローストビーフをフライパンで。
調味料に一晩漬けて、ゆっくり蒸し焼きにします。

<材料>
牛ももかたまり肉…500g
しょうゆ…100ml
酢…50ml/酒…100ml
にんにく…1かけ
しょうが…20g
長ねぎ…青いところ2本分

<作り方>
1. 下ごしらえ
クリアメイトL#2に牛ももかたまり肉と調味料、薄切りにしたにんにく、しょうが、ぶつ切りにした長ねぎを加えて、一晩おく。
2. フライパンに油(分量外)を少量入れて中火で熱し、肉のまわりを焼き固め、フタをして弱火で10〜12分間、ひっくり返して10〜12分間加熱する。
3. レインボークッカークッキングシートで肉を包んで、しっかり冷めるまでおく。
4. 焼き汁に漬け汁を加えて、煮詰めてタレにする。

初心者さんにも! レンジでローストビーフ

レンジで作るローストビーフは熱の通りが均一で、火加減の失敗がありません。加熱調理と味付けがレンジで同時進行されるので、時間がないときのおもてなしにも大助かりの一品です。今回はタッパーウェーブ2000だ円(中)(すのこ付)を使用しました。

<材料>
牛もも肉(塊)…400g
塩・こしょう…適宜

A:ケチャップ…大さじ3
みりん…大さじ2
しょうゆ、ウスターソース…各大さじ1
金口胡麻油…小さじ2
おろしにんにく…小さじ1

<作り方>
1. 室温に戻した牛肉に塩、こしょうをすりこむ。
2. タッパーウェーブ2000だ円(中)にAを混ぜ合わせ、(1)を入れ30分程度漬け込む。
3. (2)のタッパーウェーブ2000だ円(中)にカバーをして電子レンジ600Wで3分間加熱。取り出して肉を返して、さらに2分〜2分30秒間加熱しそのまま冷ます。粗熱がとれたらスライスする。

簡単&本格調理が可能な電子レンジ容器

シンプルなデザインで軽くて使いやすい電子レンジクッキング容器「タッパーウェーブ2000シリーズ」、今回使用しただ円(中)は、肉はもちろん、アスパラガスや魚などの長さのある食材にぴったりで、余分な水分や油分が切れるすのこ付きです。半透明なので、加熱している状態を見ながら調理ができます。

賢くリメイク ローストビーフのアレンジレシピ

ローストビーフの余りは、アイデア次第でさまざまな使いみちがあります。リメイクしてバリエーションを楽しみましょう!

・バゲットにはさんでランチに

チーズや野菜と一緒にバゲットにはさめば、デパ地下にあるようなおしゃれ食事パンに。手間が少なく持ち運べるのでお弁当にもおすすめです。

・スープの具材に

肉に下味がしっかりついているので、スープの具材にすると少量でも肉の存在感があります。パンとスープのシンプル朝食でも満足感アップです。

・刻んでチャーハンに

エンドカットと呼ばれるローストビーフの両端をサイコロ状にカットしてチャーハンの具材に。エンドカットは最も旨味があるとして、イギリスでも人気の部位です。

手間がかかりそうなローストビーフがフライパンやレンジで作れるのは嬉しいですね! 今日はちょっと豪華な食事にしたいなというときに、ぜひこのレシピを思い出してチャレンジしてください。家族みんながびっくりすること請け合いです。